八尾市のエーケンです。キッチンや浴室、トイレなど水廻りのリフォーム事例を紹介しています

介護リフォームをサポート

日本人は、今や世界一の長寿国という恵まれた状況にあります。その長い人生を心ゆくまで安心して楽しむためには、住まいの充実は不可欠といえるでしょう。
これまでの住まいというと若いときや子育てのときに照準を合わせて、住む人が年をとったときのことまであまり十分に考えていませんでした。 といってもやはり我が家が一番だと思う方が殆どだと思います。
しかし歳をとる毎に身体機能も衰えてくるのは仕方ありません。これからの老後を安全に、快適に生活できるように住まいのリフォーム考えませんか!人の長生きに合わせて、住宅も長生きする。
老後の生活を生き生きと楽しいものにするために、生活創造のためのリフォームをしてみませんか。
エーケンは、愛着のある住まい、ご家族が幸せになる住まいを提供し、皆さまの生涯の安心サポートを目指して
いきたいと考えています。
意外に多い家庭内事故
65歳以上の高齢者の死亡者数は、自動車事故よりも家庭内事故による原因が多いことをご存知ですか?家庭内の事故でも最も多いのは浴槽内での溺死ですが、これはスリップや段差による転倒が原因と思われます。
長く住み慣れた家でも老化とともに足腰が弱り、階段やちょっとした段差でも躓いて転んだり、スリップしたりして転倒するなど家の中での不慮の事故に遭うケースが増えてきます。
長く住み続ける安らぎの場所だからこそ、エーケンでは安全性を第一に考えた家づくりのアイデアをご提案します。
■家庭内に潜むさまざまな危険
下の図は、65歳以上の高齢者の家庭内事故の原因を割合で示したものです。

お宅の「ハット・ヒヤリ」を解決しましょう!
あなたのお家でも危険がいっぱいかも?!あなたは、下記のような「ハット・ヒヤリ」の経験ありませんか?!
バ ス(浴室、風呂)
出入口の段差に足を取られた。
慌てて外に出ようとしたが、開き戸が開かなくなった。
浴槽のまたぎが高くけつまづいた。
ぬれた床ですべって転倒した。
浴槽につかっている時、体がすべっておぼれた。
裸で浴室に入ったらゾクッとした。⇒ヒートショック  詳しくはコチラ≫≫

バス(浴室、風呂)の施工事例はこちら≫≫

トイレ
夜中に薄明かりで、入口の段差でつまづきビックリした。。
洋式便器から立ち上がろうとしても足の踏ん張りがおぼつかない
和式にしゃがもうとしたが後ろにひっくりかえってしまった。
排出に焦ってわずかな段差につまづいた。

トイレの施工事例はこちら≫≫

階 段
階段の昇り降り時に足があがらずつまずいてドキっとした。
つかまるものがなく不安と思ったことがある。
専用のセンサーライトがないので暗く足を踏み外した。
階段にストッパーがなく、すべって転びそうになった。

階段の施工事例はこちら≫≫

玄 関
急いで外出しようとして片足立ちで靴を履こうとしてバランスを崩した。
上がり框につまづいて転んだ。
雨の日、ぬれた床にゴム底の靴がすべって転んだ。

玄関の施工事例はこちら≫≫

アプローチ・勝手口
敷石の間につっかけの先がひっかかり顔から転倒した。
勝手口に出ようとした時足を踏み外した。

アプローチ等施工事例はこちら≫≫

 

介護福祉制度の公的補助を賢く利用しましょう
介護リフォームを思い立ったら、第一に考えたいのが介護保険制度で受けられる公的補助を利用することです。申請手続きをすれば、住宅の改修や福祉用具の購入などにおける資金援助が受けられます。
◎介護保険公的補助を賢く利用する◎
住宅改修は最高20万円まで補助が受けられます
介護保険では、介護のための住宅改修に最高20万円(1割自己負担)まで支給しています。また、各自治体では、これとは別に住宅改修に対する助成金を支給しているところもあるのです。      ≫≫八尾市の場合
これらをよく確認してから、リフォームプランを立てましょう。
住宅改修の公的補助とは?
住宅改修における公的補助は、手すりの取り付けやバリアフリーなどの工事により、要介護の認定を受けた
方の自立を助け、生活の質を高めることを目的にしています。住宅改修の支給限度額は、要介護度に関係なく
最高20万円(消費税込)までとなっています。
つまり、リフォーム費用のうち、20万円分までは支給申請することができるわけです。
ただし、その1割は自己負担となるため、実際の保険給付額は18万円までとなります。
なお、住宅改修の給付は原則として、受給者1人につき、1回限りですが、要介護度が3階級以上あがった場合や、転居の場合には再給付が受けられます。
また、分割利用も可能です。

介護保険でできる住宅改修は

(注記)八尾市の場合を参考にご紹介しました。
各自治体により内容が異なる場合がありますので、詳細については問い合わせ願います。
     


手すりの取り付け
廊下、トイレ、浴室、玄関、玄関から道路までの通路(玄関アプローチ)などに、転倒防止移動補助のために手すりを取り付ける工事です。

便器に取り付けたり、浴槽縁に取り付ける、いわゆる建築工事を伴わない手すりは「福祉用具貸与」または「福祉用具購入費の支給」で利用できます。

段差の解消

居宅、廊下、トイレ、浴室、玄関などの各居間の段差や、玄関アプローチの段差を解消するために、敷居を低くしたりスロープを設置したり、浴室の床をかさ上げする工事です。

屋外でも敷地内で道路に出るための通路部分であれば対象となります。また、掃き出し窓、縁側と地面との段差解消も対象となります。
取付け工事をともなわないスロープや段差解消機は「福祉用具の貸与」で、浴室のすのこは「福祉用具購入費の支給」で利用できます。
階段昇降機やホームエレベーターは対象となりません。
滑りの防止、移動の円滑化などのための
      床または
通路面の材料の変更
居室を畳敷きから板張り、ビニール系床材に変更する/浴室の床を滑りにくいものに変更する/通路面を滑りにくい材料へ変更するなどの工事です。

屋外でも敷地内で道路に出るための通路部分であれば対象となります。
階段床面にカーペットを貼り付けたり取り外すことは、目的が「滑り防止」であれば、どちらも対象になります。
滑り止めマットを浴室その他に敷くだけでは対象となりません。
引き戸などへの扉の取り替え
 開き戸を引き戸や折り戸、アコーディオンカーテンなどに取り替える工事です。扉全体の取り替えのほか、ドアノブの変更や戸車の設置も含みます。

自動ドアにした場合、動力部分にかかる費用は対象となりません。
門扉も対象となります。
重い戸を軽くする改修も対象となります。
洋式便器などへの便器の取り替え
和式便器から洋式便器(暖房便座、洗浄機能付きも含む)へ取り替える工事です。

洋式便器の向きを変える工事も対象となります。
すでに洋式便器の場合は、暖房便座や洗浄機能付き便座に取り替えることはできません。
据え置きの腰掛便座は「福祉用具購入費の支給」で利用できます。
1~5の改修にともなって必要となる工事
手すり取付けのための下地の補強
浴室の床の段差解消(床のかさ上げ)にともなう
 給排水設備工事
床材の変更のための下地の補修や根太の補強または
 通路面の材料変更のための路盤整備
扉の取り替えにともなう壁または柱の改修
便器の取り替えにともなう給排水設備工事、床材の変更
 

トップページに戻る≫




水廻りリフォームのプロ エーケンをご紹介します。


エーケンへのご相談、お問い合わせ、無料見積もりのご依頼はこちらから