Top
おじいちゃんおばあちゃん大歓迎!

 八尾市周辺の
「キッチンリフォーム」お任せください!

ホーム » キッチンリフォーム

キッチンのリフォームアドバイス

»Click! キッチンをどう使うかでスタイルを考える

この記事を別ページで開く

ClipboardImage
ClipboardImage
キッチンリフォームを考える際は、まず最初にダイニング、リビングとのつながり方でスタイルを検討しましょう。

スタイル選びはそれぞれ「料理をどのようにするか」というのがポイントです。
家族と一緒に料理を楽しみたい人にはオープンキッチンがオススメ。
料理は手早く済ませ、その後リビングでゆっくりしたいという人にはクローズドキッチンがいいでしょう。
ただ、オープンキッチンはダイニングから丸見えになってしまいます。料理を一緒に楽しみたい、しかしお客様には煩雑なキッチンを見せたくない!という人にはセミオープンキッチンもあります。
ClipboardImage

または、キッチンとダイニングとの間に引き戸を設ける方法もあります。普段はオープンキッチンとして空けておき、来客時などに閉めれば、さりげなくキッチンスペースを隠すことができて便利です。
最近では、子育て世代を中心にオープンキッチンが人気です。これは、料理中も子供の様子が見られて安心ということがひとつの理由です。また、子供たちが料理に参加しやすいため、作る・食べる・手伝うを実践できる「食育の場」にすることも可能だからでしょう。



調理のしやすい形に決める

キッチンのスタイルを決めたら、次は「I型」「L型」といった、キッチンのレイアウトを考えましょう。

キッチンのレイアウトを決めるポイントは、「キッチン周りの構造」「コスト」「空間の広さと動線」の3つです。
構造上、キッチンの場所を変えられない場合は、基本的に同じレイアウトのキッチンを選ぶことになります。キッチンの価格は、同じ間口の場合、L型よりI型の方が安くなりますので、コストが厳しい場合には、I型がオススメです。


ClipboardImage

間口がコンパクトな場合、L型キッチンの方が効率よく調理スペースを確保できます。
空間の広さは、間口の広さと奥行で決まります。
間口が広い場合→I型、
間口は狭いが奥行がとれる場合→L型にすると、納まりがよくなるでしょう。
さらに、調理中の動線を考えて、「シンク」「加熱調理器」「冷蔵庫」などをどのように並べるかも重要です。



自分に合うキッチンの高さを選ぶ
ClipboardImage
ClipboardImage
「キッチンが低くて、長時間立つと腰が痛い…」
「キッチンが高すぎて、腕が疲れる」など、キッチンの高さに関する不満は多いようです。
キッチンの高さは、一般的には80cm、85cm、90cmの3種類で、メーカーによっては、その間の82.5cmや87.5cmもありますが、一番メジャーなもので「85cm」が多く選ばれています。一般的に、使いやすい高さは「身長÷2+5cm」が目安と言われます。しかし、背が低くても少し背筋を伸ばした方が作業しやすい、という方もいらっしゃいますし、あるいは子どもと一緒にキッチンに立ちたいので少し低めにしたい、というパターンもあります。ですから、自分たちのスタイルに合わせて、キッチンカウンターの高さを決めましょう。

また、シンクとコンロのどちらを基準にするかも大事なポイントです。コンロを丁度良い高さにすれば、シンクは若干低く感じます。ただ、コンロの方が力を使う作業が多く、高さがあると調理がつらくなることもありますから、迷った時にはコンロを基準にして高さを決めるとよいでしょう。

また、ショールームで実際に立ってみて、比較しながら決めるのがオススメです。その時はヒールのある靴は脱いでスリッパにはきかえるなど、実際に料理をする状況を想定して確認するようにしましょう。


閉じる

»Click! キッチンの選び方

この記事を別ページで開く

キッチンの水廻りの作業スペースについて

ClipboardImage

理想のキッチン。それは「お手入れ簡単で使いやすい」ですよね。お手入れしやすい素材・形状のシンクやワークトップ、汚れがつきにくいキッチンパネルなどの部材選びがポイント。
また、ラクな姿勢で作業できるように、ワークトップの高さや奥行きも調理する人の身長に合わせてしっかり選びましょう。

キッチンの高さ

キッチンセットの高さについては、一般的には身長÷2+5cm程度が良いとされています。
高すぎると重たいフライパンを持ち上げるのに力が入りませんし、低いと包丁を使うときに前かがみになり腰痛の原因になります。


ClipboardImage
キッチンセットの幅は、シンクとコンロの巾にプラスしてまな板などを使う調理のスペース、料理を取り分ける配膳のスペースを確保できる長さが必要になります。
ショールームで高さを確認する時に注意したいのは、キッチンの前では靴を脱ぐ事。ほんの少しのカカトの高さの差ですが、それで失敗する事が多いので気をつけて下さい。10年先も現在のレイアウトで良いのかをよく考えてみる事が大切です。



キッチンのカウンター

キッチンカウンターには色々な種類がありますが、通常は人造大理石天板かステンレス天板が殆どです。人気があるのはメンテナンスの良いステンレスと、見栄えの良い人造大理石です。
勿論それぞれにメリット・デメリットがあり、どれが一番良いとは一概に言えません。
デザインを優先するのか、機能面を優先するのか、コストを優先するのかなどによって選び方が変わってきます。



キッチンカウンターの天板の種類とメリット、デメリット

ClipboardImage
【人造大理石天板】
メリット
・落ち着いた質感や高級感が魅力。
・多彩なサイズや形状に対応可。
デメリット
・多少、傷付きやすい面がある。
・ステンレスに比べて高価である。
ClipboardImage
【ステンレス天板】
メリット
・シャープな輝きが美しく、清潔感あふれる。
・熱い鍋類を直接置く事が可能なため、
キッチン作業の使い勝手が良く実用的
デメリット
・見た目、冷たいイメージ感がある。
ClipboardImage
【掃除のし易いガラストップコンロ】
メリット
・汚れが付着しにくく、落としやすい
・とにかく掃除が し易く美しい
デメリット
・他の素材より値段が若干高め。

キッチンパネルの種類
ClipboardImage
ClipboardImage
【目地のないキッチンパネル】
メリット
・目地が無く、油汚れもふき取りやすく美しい
・施工費がタイル張りより安上がりである
デメリット
・色合いや艶に重厚感がない。
・目地がないために単調な壁に見えがち。


閉じる

»Click! キッチンタイプ診断

この記事を別ページで開く

ClipboardImage

キッチンのリフォームを考える時、今度はどんなキッチンにしようかと悩むのも楽しいですよね。使いやすいキッチンの形は、毎日の暮らし方によって違います。形ばかりにとらわれず、自分の生活スタイルに合わせたキッチンリフォームプランを探してみましょう。
それでは! 

お一人で調理される方

凝った料理を作りたい場合

                       職人気質型・独立キッチン  がベストセレクトでしょう!


ClipboardImage
(レガセスキッチン/TOTO)

凝った料理をしたり、ひとりで作業に没頭したい人にピッタリの、キッチンがダイニングから独立したキッチンプランです。他の部屋に油煙が流れにくく、高機能の設備機器や大型収納の充実がしやすいキッチンになります。

洗濯やアイロン掛け、掃除など、他の家事との連携を考えてリフォームすることが大切です。
洗濯機が置いてあるスペースと上手くつなげる、干し場への移動が楽にできるよう考えてみて下さい。


簡単メニューを作りたい方


効率重視型・オープンキッチン が、ベストセレクトでしょう!
ClipboardImage
(エスタジオキッチン/ノーリツ)

効率的に動きやすく、忙しい人にピッタリの、ダイニングとキッチンが1部屋になったプランです。
狭い面積でもキッチンとダイニングの配置がしやすく、使い勝手の良いキッチンです。

壁面にキッチンセットを取り付ける場合、横並びの吊り戸棚を付けると窓が小さくなってしまい、部屋が暗くなりがちです。部屋を明るくしたいなら、シンクの前に高さの高い大きな窓を付けるようなリフォームをすると効果的です。



複数人で調理される方
  
 家族と過ごすことが多い方


家族で過ごす・対面式キッチン が、ベストセレクトでしょう
ClipboardImage
(リビングステーション S−クラス/パナソニック)

子供の様子を見ながらお料理したり、キッチンに居る間も家族と共に楽しく過ごしたい人にピッタリの、対面式のキッチンプランです。キッチン部分を完全に分けてしまうのではなく、ダイニングとキッチンの一体感を持ちながらも、キッチン部分を独立させることができます。

シンクやコンロ部分の移動を行なうと、それに伴って配管の移動も必要となります。元の位置が壁付けキッチンなら、キッチンはそのままで、収納付きの作業用カウンターなどを使ってダイニング部分と区切るように考えれば、リフォーム費用を節約することができます。


 

大人の付き合いが多い方


» 続きを読む

閉じる

»Click! レンジフード 商品紹介

この記事を別ページで開く

年末のお掃除で一番大変なところはどこですか?私は、いつもレンジフードの担当なのですが。

とにかく、いくらフィルター付けていても大変。そんな思いはありませんか?最近では、お掃除がすごく楽で、しかもパワフル!
でも、気になる騒音も軽減!こんなレンジフードが人気となっていますよ!
あなたもパッ!と取替えて、サッ!とお手入れしませんか!



ClipboardImage

おすすめレンジフード一覧

ClipboardImage
たいへんなお掃除から解放され、さらにいろいろな機能でクリーンなキッチンをサポートいたします。


リンナイ レンジフードのオススメポイント>>

ClipboardImage
レンジフード連動対応コンロ

火を点けると同時にレンジフードも動き出す。レンジフードとの連動に対応したリンナイのコンロで簡単安心なキッチンを。

閉じる

»Click! キッチン 商品紹介

この記事を別ページで開く

エーケン山本のイチオシ商品ご紹介コーナー

ClipboardImage

今回ご紹介したいのは、リクシル サンウェーブのキッチン サンヴァリエです。
キッチン史上初、 「くるりん排水口」というものが新登場しました。システムバスでは、INAXで「くるりんポイ排水口」がヒットしましたが、ついにキッチンの排水口にもエコで賢い新発明!これぞ、主婦の悩みを解消する最新エコキッチンですね!



今まで通りの使い方をするだけ!

特別なことは何も必要ありません。今までどおりの使い方をしてください。ただそれだけで、排水口が汚れにくくお手入れがラクになるのです。


ClipboardImage
ClipboardImage

これぞ、エコで賢い新発明

水が流れるときに水車を回して排水口にうず水流を発生させているので、電気を一切使いません。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage



「くるりん排水口」は水道水の流れを利用してフィンを回し、うず水流を発生させる独自機構を採用。電気などのエネルギーを全く使わないエコ設計で環境にも優しく、モーターなどの複雑なパーツもないため耐久性にも優れています。

閉じる

キッチンリフォーム大辞典

キッチンのインテリア

»Click! 採光・通風・換気の工夫

この記事を別ページで開く

◎出窓を活用したり、光が通る吊戸で明るいキッチンに

日のうち、長い時間を過ごすキッチン。だからこそ光と風が行き渡る快適な場所にしたいですね。そのためには、窓を、どこにどのように設けるかがポイントになります。一般に壁付けのキッチンでは、カウンタートップと吊戸棚の間に窓を設けることが多いようです。そうすると作業をするときに自然と手元が明るくなり、窓ごしに外の景色も眺められて気持ちがいいもの。ただ、窓のところはそのままでは収納を設けられませんから、物を置けるように出窓にしたり、光が入るガラスタイプの吊戸棚を利用するなどの
アイデアを考えてみてはいかがでしょうか。


ClipboardImage
ライトスルーウォール」はキッチンの前の窓からの光を生かせる吊戸棚。窓も収納もどちらも生かせます。

◎トップライト(天窓)や縦長窓で明るさを工夫しましょう

アイランド型やペニンシュラ型などのオープンスタイルのキッチンでは、リビング・ダイニングに入る光が、キッチンまで十分に満たすようにすることが大切です。
プランニングの時に、窓の大きさや位置に気をつけてチェックしましょう。もっと光が欲しいというときは、勝手口のドアをガラス入りのものにしたり、屋根のすぐ下のキッチンならトップライトを設置する方法もあります。トップライトは、壁に付ける窓より同じ面積で3倍もの明るさになります。壁の窓も横に長くするより、縦型の窓を付けるほうが、部屋の奥まで日差しが入りやすいことも覚えておきましょう。



◎加熱機器の上にはレンジフードを付けて換気を促します

キレイな空気を保つには、窓の開け閉めだけでなく、換気扇をまわすことも必要です。
現在では、建築基準法で常時換気が義務づけられていて、住まい全体は24時間、強制的に給気と排気が行われるようになっています。さらにキッチンでは、コンロを使うときはレンジフードを設置して、調理中の煙やにおい、水蒸気などを排出します。そうすることで、部屋全体に汚れた空気が広がるのを防ぐことができるわけです。レンジフードは、最近ではさまざまな機能をもち、素敵なデザインのタイプが増えてきました。例えば、フィルターのない構造のフードといったものが出ていて、表面のパネルを軽く拭くだけで汚れがきれいになり、お手入れがとてもラク。また、オープンキッチンでもお洒落な雰囲気を損ねない、イタリアンデザインのステンレス製のフードなどもあります。
【キッチンのパーツ】の項目で詳しく述べていますので、そちらもぜひ参考にしてください。


ClipboardImage
▲左:フィルターがないタイプ、ラク技クリーンフード(NFVシリーズ)
右:「空気を洗う」仕組みのIH空気洗浄システム。ダクト工事不要のためレイアウトの幅も広がる。

閉じる

»Click! 床材の種類

この記事を別ページで開く

◎お手入れしやすく、足腰に負担のない素材が最適

キッチンの床材には、水や油汚れをお掃除しやすく、長い時間立ち働く場所なのでカラダにもやさしい素材を選びたいですね。
よく用いられる素材を、いくつかご紹介しておきましょう。

<フローリング>
木質系の素材で、ふつう目にするのは、合板の上に薄い天然木(突き板といいます)を張った複合フローリングと呼ばれるものです。リビング・ダイニングとキッチンに同じフローリングを張れば、部屋全体に統一感が出ます。ウレタン樹脂などで表面をコーティングしたフローリングを選べば、傷がつきにくいようです。もし傷がついた時は、小さなものなら市販の補修材で目立たなくできます。無垢材のフローリングも、よりナチュラルな風合いが魅力的で、最近では選ぶ人が増えてきました。無垢の場合は、傷やへこみはアイロンの蒸気などをあててふくらませると、ある程度修復できます。


ClipboardImage

<コルク>
弾力性や保温性があるので、歩いたときにソフトで温かな感触があり、カラダへの負担が少ない素材といえます。表面が塗装されていて、水分がしみこみにくく酸やアルカリ、アルコールにも強い性質があります。ですから洗い物の水や洗剤が飛び散っても
、お掃除は簡単。専用のワックスを年に1〜2回塗れば、キレイな状態が長持ちします。


ClipboardImage

<クッションフロア>
ビニール製品の床シートで、水がしみこみにくく、キッチンをはじめ洗面室やトイレなどの水まわり空間によく使われています。弾力性があるため足腰が疲れにくく、食器を落としても割れにくい利点があります。なんといっても他の素材に比べて価格が安く
、古びてきたら張り替え工事もしやすいでしょう。最近では色、柄ともに豊富で、フローリングやタイル、大理石などをデザインしたものが多く見られ、一見したところは違いがわからないほどです。


ClipboardImage

<テラコッタタイル>
素朴で温かみのある風合いが魅力で、人気上昇中の素材です。本来テラコッタは土の素焼きですが、実は、日本で多く出まわっているのは、テラコッタの質感を模したタイルのこと。バスルームに使うタイルと同じく耐水性がいいので、汚れたら水をかけてこするなど掃除はとても簡単。耐久性も高く、床暖房も設置できます。


ClipboardImage

閉じる

»Click! 壁・天井材の種類

この記事を別ページで開く

◎内装材には防火性能のある素材選びが必要

キッチンは火を使う場所なので、内装材には安全性が一番に求められます。具体的には、キッチンの天井と壁には、建築基準法の決まりで、防火性能をもつ材料を使わなければなりません。そこでキッチンのコーナーごとに、適した素材をご紹介していきましょう。



1.キッチンセット周辺の壁材

<タイル>
タイルは水や火、熱に優れ、お手入れしやすくキッチンにはぴったり。色や柄、形の種類が多く、オリジナルのデザインをつくれるのも魅力です。目地の汚れが気になる人もいると思いますが、最近では防カビ剤入りの目地剤も出ていますし、グレーなどの色がついた目地にすることでも、汚れを目立ちにくくできます。
<ステンレス>
水や熱、薬品に強い性質があり、お掃除のしやすい素材です。コンロの後ろ側だけに張るケースが多く、専用パネルとして商品化されています。


ClipboardImage
<キッチンパネル>
キッチンの専用仕上げパネルとして商品化されています。さまざまな材質のものがありますが、いずれも目地が少なくてすみ、表面がつるつるして汚れがついてもスポンジなどで落としやすいのがメリット。キッチンセットに合わせやすいように、さまざまな色、柄のものがそろっています。


ClipboardImage

2.キッチンセット周辺の壁材・天井材

ふつうは下地材として取り付けた石膏ボードの上に防火性能のある素材、例えば防火クロスを貼り、塗り材や吹き付け材などで仕上げます。



◎オープンキッチンでは、リビング・ダイニング側の素材にも注意を
広々とした開放感が魅力のオープンキッチンですが、この場合、ダイニングやリビング側の内装材にも、制約がおよんでしまうので注意しましょう。具体的にはキッチンセットまわりの天井や壁材と同じように、防火性能のある素材を用います。
ただ、どうしても別の素材にしたい、例えばダイニングは板張りの壁に、とお考えなら、実は方法があります。図のように、キッチンとダイニングの境に、天井から下がる壁などを設けて部屋を仕切れば、内装の制限はキッチンのエリアだけに抑えることができます。プランニングの時に、設計者とよく相談してみるといいでしょう。


ClipboardImage

閉じる

キッチンのスタイル

»Click! キッチンスタイルの種類

この記事を別ページで開く

◎居室とのつながり方による3つのスタイル

キッチンのスタイルは、まずダイニングやリビングとのつながり方によって3種類に分かれます。
1)ダイニングやリビングに対してキッチンが完全に開かれているオープンなスタイル
2)吊戸棚などで少し目隠しされているセミオープンなスタイル
3)間仕切りされてリビング・ダイニングから独立しているスタイル
住宅の規模や家族構成、ライフスタイルによって、ふさわしいスタイルが違ってきます。



◎壁面にどのように接して設置するかによる3つのタイプ

さらにキッチンセットを壁面にどのように接して設置するのかによっても、タイプが分かれます。

●壁付型
キッチンセット全体を壁面に付けて設置するのが、壁付型。一戸建てでは窓に向かって設置する
ケースが一般的ですね。
●ペニンシュラ型
キッチンセットの一部を壁面に付けて設置するのがペニンシュラ型。壁面に接していない部分が「半島」
のように部屋に向かって突き出ることからこう呼ばれています。
●アイランド型
キッチンセットを完全に壁から切り離して設置するのがアイランド型。文字どおり「島」ですね。コンロ部分は壁付けで、シンク部分だけがアイランド型になっているタイプ、あるいはその逆のタイプ、また、コンロ、シンクともにセットされてアイランドになっているタイプがあります。
 下の表でおわかりのように、居室とのつながり方と壁面との接し方の組み合わせで、さまざまなスタイルができます。さて、あなたに向くのはどのタイプでしょうか? それぞれの特徴をよく理解して、お考えになってください。


ClipboardImage

閉じる

キッチンのパーツ

»Click! カウンタートップの素材

この記事を別ページで開く

◎機能優先ならステンレス、インテリア重視派には人造大理石

システムキッチンのカウンタートップは、継ぎ目が目立たないようにつくられるので、見たところは一枚の板のようにすっきりした印象です。それがシステムキッチンのよさの一つでもあるのですね。材質はステンレスと人造大理石の2種類で、それぞれ下記のような特徴があります。機能性かデザイン性か、わが家ではカウンタートップに何を一番に求めたいかが、選ぶポイントになります。



◎<ステンレストップ>


ClipboardImage
水や熱に強く、耐久性の高い素材です。少々熱いお鍋を置いても大丈夫ですし、汚れてもタワシなどでこすり落とせるなど、ラフな使い方ができてとても機能的。油ハネも水ハネも気にせずキッチンを積極的に使いたい、というご家庭向けですね。表面には傷がついても目立ちにくいエンボス加工が施されています。
ClipboardImage

◎<人造大理石トップ>


ClipboardImage
天然石の風合いをもった素材で高級感があり、キッチンのインテリア性にこだわるご家庭におすすめです。
衝撃や薬品に強く、しつこい汚れは中性洗剤で落とせて使い勝手もマル。熱いお鍋を置く時には鍋敷きを使うといった注意をすれば、長く美しい状態を保つことができます。ステンレスを選ぶよりも価格は高くなります。
ClipboardImage

閉じる

キッチンのレイアウト

»Click! 技型・況拭Γ婿型・U字型の配置

この記事を別ページで開く

<I型>

●横の移動ばかりになるので、サイズを抑えめに
キッチン作業の基本を成すのがシンク・コンロ(またはIHクッキングヒーター)・冷蔵庫です。
この3つを1列に並べたのが、I型です。壁付け型にもペニンシュラ型にもあるレイアウトで、ごく一般的な形です。でもこのレイアウトを作業の流れの面から見ると、横の動きが多いので、間口が長いと作業の効率はあまりよくありません。ですから、移動する距離を考慮して適切な長さは2m70cmぐらいと覚えておきましょう。


ClipboardImage

<況拭

●振り返る動作が多くなるので、シンクとコンロの位置に工夫を
況燭蓮▲轡鵐と加熱機器部分を分けて2列にするタイプ。独立型にもオープン・セミオープンキッチンにもあるレイアウトです。
この場合、I型と比べて横に移動する距離は少なくなりますが、振り返って作業することが多くなります。このためシンクの真後ろに加熱機器があると危険です。
安全のために位置を少しずらしておきましょう。I型キッチンの後ろに冷蔵庫を置くパターンも、冷蔵庫から食材を取り出すために振り返る動作が多くなります。


ClipboardImage

<L型>

●作業しやすいですが、調理スペースの広さに配慮を
シンク、加熱機器、調理スペースがL字型に並ぶレイアウトです。
シンクと加熱機器がL字の両側に振り分けられるので、動線が短くなります。また、真後ろを振り返ることもないので、作業がしやすくなりますね。コーナー部が調理スペースとなります。L字型の2方向とも壁付けしダイニングテーブルを置くと、オープンなダイニングキッチンになります。
最近では、そのレイアウトではなく、L字の片方を壁付けにして、片方を部屋に突きだしペニンシュラ型にするレイアウトを好む人が増えています。そのほうがキッチンに立つ人とリビング・ダイニングにいる人が、コミュニケーションしやすいからなのです。


ClipboardImage

<U字型>

●スペースをとるので、キッチン空間の広さが必要
シンク、加熱器機、調理・配膳スペースがU字型に並び、非常にゆったりしたレイアウトになります。
ある程度の広さがある独立型のキッチンに向いていると言えるでしょう。キッチンにそれだけのスペースを割けるかどうかは、プランニングの段階で、他のスペースとバランスをとりながらよく考えましょう。独立型キッチンだけでなく、オープンキッチンでもU字型のレイアウトは可能です。その場合、ペニンシュラの部分が広い配膳カウンターとなり、動線もよく、コミュニケーションのしやすいキッチンになりますね。


ClipboardImage

閉じる

»Click! キッチン空間内の導線

この記事を別ページで開く

◎トライアングルで動きの負担をチェック

キッチンの作業の動線をあらわすのにワークトライアングルという考え方があります。
これは、シンク、加熱機器、冷蔵庫の中心を3つの頂点とする三角形として見る考え方なのですが、レイアウトによってどれだけキッチン内での動きの負担が変わるのかをチェックするのに非常に便利な手法です。この三角形の三辺の長さを足したとき、3m60cm〜6mなら適切と言われています。これぐらいの範囲ですと、ある作業から別の作業に移るとき、2〜3歩で動け、動作の負担が少なくてすみます。これ以上長くなるとその分、動く距離が長くなり、作業を続けていると、適切な距離で動くよりも疲れやすくなります。逆に短かすぎると、しゃがみにくかったり、収納スペースが足りなくなったりするので、あまり短くするのもよくないのです。このトライアングルはキッチンのレイアウトによって大きく変わります。それを次にご説明しましょう。


ClipboardImage


◎LDK全体を考えてレイアウトを選びましょう

況拭■媚型、L字型は下図のようなトライアングルが形成されます。
見た目にもきれいな三角形はシンクと加熱器機を分けた況燭硲媚型でしょうか。実際、動線の短いのはU字型、況拭■婿型の順で、使いやすさや疲れにくさもその順だとされています。とはいえ、どのレイアウトが一番よいということではなく、キッチンに割けるスペースの違い、他の居室とのつながりをどうするかなどによって、最適なレイアウトが決まってきます。キッチン作業だけではなく、LDK全体のありかたをよくお考えになってレイアウトを選びましょう。また、ご自分の体力や年齢も条件の一つとして考慮することも大切ですね。


ClipboardImage

閉じる

»Click! 他室と連動した動線

この記事を別ページで開く

◎家事コーナーをキッチンのそばに

アイロンがけをしたり、家計簿をつけたり、ちょっと休憩できる家事コーナーがキッチンのそばにあると便利だと思いませんか?

キッチン空間の内部にデスクを造りつけにして家事コーナーを設けると、キッチンの作業と同時にほかのこともできます。煮物の間に家計簿をつけたり、パソコンでインターネットにつないだりなど共働きで忙しい人にぴったりなスタイルではないでしょうか。 キッチンに家事コーナーを設けるスペースのゆとりがないという場合には、リビング・ダイニングにちょっとしたスペースを設けてはいかがでしょう。その場合もキッチンになるべく近い位置がいいでしょうね。
壁面に沿って長いデスクを造りつけにして、お子様と兼用すると、自分の仕事をしながらお子様の勉強も見ることができ、家族とのコミュニケーションにも役立ちます。パソコンや関連機器もキッチンのそばで使えるように電気のコンセントを多めに設置し、電話コンセントも設けることをお忘れなく。



◎2ウェイで回れる動線が家事負担を軽減します

リビングにお客様がいらっしゃるときは、家族は別の入口から出入りができるようにしておきたいもの。キッチンに出入りする2つの動線があると便利です。リビング側と洗面室・浴室側など2方向に動線があることを2ウェイ動線といいます。
キッチンから洗面室・浴室へ、さらに玄関にも出られて、リビングを通ってキッチンに戻る。こんなふうにぐるりと回れる動線が理想的です。無駄な動きがなく家事の負担を軽減してくれますからね。キッチンと洗面室・浴室・トイレの動線をなるべく短くして、キッチンから直接出入りできるようにしておくことも、家事をテキパキこなすコツですよ。


閉じる

»Click! キッチンセットのサイズ

この記事を別ページで開く

◎システムキッチンは規格化されていてもサイズの選択肢はたくさん

システムキッチンのサイズは規格化されていますが、かなり細かく設定されていてほとんどオーダー感覚で選べる機種もあります。

例えばサンウエーブの「サンヴァリエ<ピット>」は、壁付I型の場合、間口が165cm〜360cmまで15cm刻みで選べます。カウンタートップの奥行きは、壁付型の場合、60cmと65cmの2種類、ペニンシュラ型では、68.5cmと97cmの2種類になります。カウンタートップまでの高さは80cm〜90cmまで2.5cm刻み。車いすでも作業ができる「ウエルライフ」になると、73cm〜85cmまで1cm刻みで選べます。間口・奥行きは、部屋のサイズに合わせて、また使い勝手も考慮して決めましょう。
高さはキッチンをよく使う人の身長に合わせて決めることがポイントです。高すぎると腕が疲れますし、低すぎると腰が疲れます。「身長÷2+5cm」が一般的な目安と言われています。ですが、いま使っているキッチンの高さも参考に、またショールームでキッチンの前に立ち、作業をシミュレーションしながら高さを実感して、ご自分が使いやすい高さを把握することが大切ですね。ショールームでは靴を脱いでキッチンに立ってみるのも高さを的確に体感するコツですよ。


ClipboardImage

◎調理スペースにはゆとりを持たせましょう

カウンタートップには材料を用意する準備スペース、シンク、調理スペース、加熱機器が必要です。
それぞれに必要な広さ(間口寸法)は、準備スペースが30cm〜60cm、シンクが60cm〜120cm、調理スペースが60cm〜90cmが目安になります。調理スペースは、食材や、まな板、ボウルなどの道具を置けるゆとりがあるかどうかをよく検討しておくことが大切ですね。間口が大きくとれない場合は、奥行きにゆとりをもたせる方法もあります。いずれにしてもキッチンスペースの中でどれだけのサイズが可能か、よく検討をしましょう。 吊戸棚の位置も身長に合わせて、高くなりすぎず、低くなりすぎず、取り出しやすい位置に設けましょう。使う頻度が高いものを、取り出しやすい目の高さに置けるように棚の位置を工夫したいものです


ClipboardImage

閉じる

»Click! キッチン空間の広さ

この記事を別ページで開く

◎キッチンは4.5畳、LDKは14畳以上が目安

キッチン空間に必要な広さはキッチンセットのレイアウトパターンによっても違ってきますが、標準的には4.5畳ぐらいあればよいと言われています。ダイニングキッチンになれば、8畳〜12畳、LDKワンルームタイプでは14畳以上が目安となるでしょう。
最近では広々したLDKに人気がありますので、20畳ぐらいのLDKもめずらしくはありません。家全体のスペースとバランスをとりながら、また、人を招くことが多いのかどうかなど家族の暮らし方も考慮して、必要なスペースを考えましょう。



◎カウンタートップ背後の通路は90cm〜110cmを目安に

カウンタートップとその後ろのスペースは、人が通ることもありますし、しゃがんで収納スペースからものを取り出したり、しまったりもしますから、そのための広さが必要ですね。90cm〜110cmをその目安とすればよいと思います。況燭筍媚型の場合、カウンタートップが2列に並びますが、その間のスペースも、この数字を目安にすればよいでしょう。あまり離れすぎていても使いにくくなりますのでご注意ください。ただ、二人以上で作業をすることが多い場合は、これより広くしておいたほうが動きがスムーズになりますから、120cm〜150cmを目安にしましょう。


ClipboardImage

閉じる

タイプ別おすすめキッチン

»Click! お料理好きな夫婦ふたり暮らし

この記事を別ページで開く

◎ ふたりで話しながら作業できるスタイルに

夫婦ふたりの生活なら、一緒に作業できるキッチンがいいですね。例えば、キッチンとダイニングをつなげてひとつ広い空間にして、キッチンセットは壁付けにします(写真左)。
振りかえればすぐにダイニングテーブルがありますから、下ごしらえの時はテーブルを作業台に使って、ふたりで同時に手際よく行うことができます。食後に食器を下げるときも、動線が短いのでラクですね。
対面式なら、ダイニング側にもカウンターを付けておくと便利(写真右)。朝食やお茶などは、おしゃべりをしながら、カウンターで簡単にすませてもいいでしょう。
このプランなら、キッチンとダイニングにさほど広い面積はいりません。その分、自分たちの書斎や趣味の空間にスペースをまわせます。食事の時はコミュニケーション重視、あとは自分の時間を大切に過ごす、そんな暮らし方が理想ですね。


ClipboardImage
▲左:壁付けのオープンキッチン(写真は<ピット>)。
 右:簡単な食事はカウンターでカフェのように(写真は<センテナリオ>)

閉じる

»Click! お料理が得意でないんです!

この記事を別ページで開く

◎ガスコンロの便利な機能におまかせ!

最近のガスコンロは性能がとてもよくなっていて、便利な機能がいっぱい。お料理は火加減がむずかしくてうまくできない、そんな人の助けになってくれそうですよ。



◎揚げ物温度調節機能
「温度調節機能」は、油の温度を一定に保てるので、天ぷらやフライをカリっと揚げることができます。また、「調理機能」は設定した時間がくると自動的に火が消えて、煮込みすぎ、焼きすぎといった失敗がなくなります。レシピ通りに時間をセットすれば、あとは安心ですね。



◎無水両面焼きグリル
魚焼きグリルは「無水両面焼き」のタイプを選ぶといいでしょう。これはトレーに水を張らず、そして魚を裏返さずに両側をこんがり焼けるというものです。手間がかからないよう、焼く時間と焼き加減を自動的にコントロールできるオートグリルタイプはさらに重宝です。


ClipboardImage
▲無水タイプの両面焼きグリル。
エーケン山本のイチオシ→最新型ビルトインコンロ(リンナイ新デリシア

◎IHヒーターも慣れるとお料理がしやすい

電気の力を使った新しいタイプの調理機器、IHヒーターは、火を使わない安心感やお手入れのしやすさで、取り入れる人がずいぶんと増えてきました。こちらにも便利な機能がいろいろ付いています。



◎自動温度調節機能
ガスコンロと同じように、温度を自動コントロールする「自動温度調節機能」は、揚げ物など食材に合わせて油温を設定したあとは、火加減の調節はいりません。しかも油が飛び散りにくく、あとの掃除がしやすくて気がラクです。「炊飯機能」もあって、蒸らしまでの火加減を調節し、お米をふっくらとおいしく焚くこともできます。また、弱設定にしておけば、温度も一定で炎の立ち消えを心配することなく煮込み料理ができます。


ClipboardImage
ダブルオールメタルのIHヒーター。左右どちらのヒーターでもすべての金属鍋が使えるタイプです。

●IHクッキングヒーターのちょっとしたコツ
IHヒーターはガスコンロよりも立ち上がりが早く、お鍋やフライパンがすぐに熱くなりますから、食材の下準備をしてから調理を始めるようにします。また、フライパンはあおらずに前後にゆすったり、2つのヘラを素早く動かして炒めるのがコツ。最初は火を見ながら調節するガスのコンロと勝手が違い、戸惑うかもしれません。でもいったんなれてしまうと、かえってお料理がしやすくなったと感じる人も多いようです。


閉じる

»Click! 片付けが苦手です!

この記事を別ページで開く

◎独立型よりオープンキッチンのほうがいい!?

片づけが苦手な方、「キッチンを独立型にすれば、散らかってもだれの目にも触れないわ」とお考えではないでしょうか?
でもそれでは逆効果かもしれません。

片づかないままでは、必要な物が必要な時に手にとれず、お料理の効率は悪くなるいっぽう。
加えて、家族とのおしゃべりもしにくいので寂しさを感じてしまいそうですね。かえって開放的なキッチンにしたほうが、多少の緊張感もあって、 キレイを保とうと思う人も多いようですよ。また、キャビネットのどこに何が入っているか家族にもわかりやすいので、片づけを手伝ってもらいやすいのもメリット。完全なオープンスタイルに抵抗があるなら、キッチンセットを対面式にして上部に吊戸棚を付けたり、リビングとの境を軽く壁で間仕切りするなどのセミオープンスタイルにしてみてはいかがでしょうか。


ClipboardImage
▲左:吊戸棚などで、ほどよくリビングとキッチンを隔てています。.右:低い壁を仕切りにしてセミオープンに。

◎便利な収納キャビネットの力を借りましょう

システムキッチンには便利な収納キャビネットやパーツがたくさん。上手に組み合わせれば、片づけはぐっとラクになりますよ。

例えばフロアキャビネットは、最近では引出し式がふつう。奥まで開くので、お鍋からボウル、ザルなどどこに何があるかわかって整理がつきやすく、出し入れもしやすいでしょう。毎回使う包丁やお玉、まな板、布巾などは、引出しの中でかさばらず、取り出しやすいように定位置を決めておきましょう。引出しの厚みやキャビネットのサイドに付ける専用のラックがあるので、ぜひ利用してみてください。


ClipboardImage
▲最近流行のフロアキャビネットは何といっても引き出し収納が大人気!さっと楽に取り出せる工夫が優れています。

◎まとめてごっそり入れられる大型収納があると安心

食品のストックや食器などはつい増えてしまいがち。そこで床から天井までの高さのある、大型の壁面収納を取り入れてみてはいかがでしょうか。たくさんのものが入りますし、扉を開ければ何がどこにあるか一目瞭然。中に人が入れるウォークインタイプもあり、急なお客様の時など、とりあえずの一時的なしまい場所としても重宝しそう。


ClipboardImage
▲キッチンクローゼットは、足元から天井近くまで収納できる一体型の大型収納です。コーナーにおけるもの、 家電を収納するものなど、様々な種類があります。

閉じる

»Click! お掃除がきらいです!

この記事を別ページで開く

お手入れのしやすい素材や設備機器を選びましょう

システムキッチンのパーツや設備機器には、お掃除がしやすいように作られているものがたくさんあります。そうしたものを選べば、キッチンをキレイにするのもラクになります。それぞれのパーツや設備機器の選び方のコツをお教えしましょう。




◎ラクにキレイを保ちたい! <素材編>

●カウンタートップ
カウンタートップにはステンレスと人造大理石がありますが、ラクにキレイを保ちやすいのはステンレス。
もともと水に強く汚れもタワシなどでこすり落とせる丈夫な素材で、最近では表面の傷をより目立たせなくする工夫が凝らされています。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
エーケンお奨め>>>サンウエーブだけの「スムース ドット エンボス」大小のドット調エンボスでキズが入りにくく、
エンボス間を拭きやすくなっています。

●壁 材
キッチンの壁材として専用パネルが商品になっています。目地が少なく表面がつるつるして、汚れがついてもスポンジで簡単に落とせるのでおすすめ。インテリア重視派にはタイル張りの壁も人気ですが、目地のお手入れが必要になりますから、お掃除嫌いの方は避けたほうが無難でしょう。


ClipboardImage
表面加工が施され、さっと拭くだけで汚れを落とせるキッチンパネル「サンウオーレ」。  タイルの上からそのまま貼れるので、リフォームにも最適。

◎お手入れもラクがいい!<設備機器編>

●コンロ
ガスコンロなら、トッププレートがガラスのタイプ。拭き掃除がしやすくて人気です。ガスバーナーの中に煮汁が入りにくくしたり、プレートのまわりにフレームをなくして汚れをたまりにくくするなどの配慮もあります。IHクッキングヒーターなら、もともと表面に凹凸がなくスッと拭くだけでキレイになるのでさらにラクですね。


ClipboardImage
ClipboardImage
エーケン山本のイチオシ!≫≫≫ リンナイ デリシア

●レンジフード
フードをスリムにして、内部のフィルターをなくしたレンジフードが登場しました。お手入れはパネルの表と裏面を拭き、あとはオイルトレーに溜まった油や水分を処理するだけ。フィルターが目詰まりして吸い込みが悪くなる、そんな悩みもなくなりますよ。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage

●シンク
シンクの排水口は、これまでは深くてゴミが詰まりやすいのが難点でした。でも最近では、浅くて凹凸が少なく、ゴミカゴと目皿、カップが設置され、それぞれが取り外しがきくようになっています。このようなところにも注目してキッチンを選ぶと清潔が保ちやすくてうれしいですね。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage

エーケン山本のイチオシ!≫≫≫サンウエーブだけの「カップイントラップ」。ゴミかごをはずして洗うだけ。

●水栓金具
吐水口がシャワーに切り替えられ、しかもホースを引き出して使えるタイプがおすすめ。
ホースが引き出せると、使い終わったシンクを隅々まで水を流しながらお手入れできてとても便利です。


ClipboardImage

閉じる
介護のお悩み、リフォームで軽減しませんか?
リアルな完成イメージでご提案「住まいの試着」

キッチンリフォーム施工事例

ClipboardImage
施工概要 八尾市 A様邸 キッチンプチリフォームリフォーム内容 ノーリ...
ClipboardImage
施工概要 八尾市 Y様邸 キッチンプチリフォームリフォーム内容 ステン...
ClipboardImage
N様邸 施工概要 八尾市 N様邸 キッチンリフォームリフォーム内容 一般...
ClipboardImage
I様邸 施工概要 八尾市 I邸 キッチンリフォームリフォーム内容 キッチ...
ClipboardImage
H様邸 施工概要 柏原市 H邸 キッチンリフォームリフォーム内容 キッチン...
ClipboardImage
リフォーム概要 八尾市A様邸リフォーム部位キッチン他地域 八尾市完工日...
ClipboardImage
施工概要 大阪府堺市マンションリフォーム リフォーム内容 セパレートキ...
ClipboardImage
施工概要 大阪府八尾市 T様邸住宅リフォーム リフォームのキッカケ ご...
ClipboardImage
施工概要 八尾市 Y様邸 キッチンプチリフォームリフォーム内容 ガラス...
ClipboardImage
施工概要 大阪 大阪市 K様邸 レンジフード交換リフォーム内容 従来型...
ClipboardImage
施工概要 大阪 八尾市 H様邸 食器洗い乾燥機交換リフォーム内容 シス...

ホーム » キッチンリフォーム
中古物件取り扱っております
八尾周辺の「お家の困った」気軽にお問い合わせください!TEL072-943-6035
対応可能リフォーム

トイレ
お風呂
キッチン
ガス給湯器
エクステリア、外構、お庭
内外装、屋根、その他

施工エリア

八尾市 / 東大阪市 / 柏原市 / 羽曳野市 / 松原市 / 藤井寺市 / 大東市 / 四條畷市

エーケンでは上記エリアを中心とした地域密着経営をモットーとしております。
水まわりのプロとして、末永いお付き合いをさせていただくことが私どもの願いです。
どうぞお気軽にご相談ください。

株式会社エーケン

〒581-0883
大阪府八尾市恩智中町2丁目125
 

Copyright(c)エーケン All Rights Reserved.